選抜高校野球2024の優勝候補予想は?注目校・選手まとめも紹介!

高校野球 スポーツ

※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

いよいよ2024年(令和6年)の第96回選抜高等学校野球大会の出場校が発表されました。

今年の春のセンバツ高校野球は順当に優勝候補の強豪校が勝ち進むのか、それともまだ無名のダークホース的な高校からスター選手が登場し活躍するのか、考えただけでもワクワクしますよね。

 

今回は出場校全32校が決定した今、優勝候補高校の予想や、注目選手・注目高校を実際に高校野球ファンからアンケートで募集した結果をまとめてみました。

ぜひあなたもこの記事を読んで2024年の春のセンバツ高校野球の優勝候補を予想してみてくださいね。

スポンサーリンク
  1. 2024年の春の選抜高校野球の優勝候補予想は?
    1. 優勝候補①大阪桐蔭高校
      1. 大阪桐蔭高校を優勝候補とする声
    2. 優勝候補②広陵高校
      1. 広陵高校を優勝候補とする声
    3. 優勝候補③青森山田高校
      1. 青森山田高校を優勝候補とする声
    4. 優勝候補④豊川高校
      1. 豊川高校を優勝候補とする声
    5. 優勝候補⑤報徳学園高校
      1. 報徳学園高校を優勝候補とする声
    6. 優勝候補⑥星稜高校
      1. 星稜高校を優勝候補とする声
  2. 2024年の春の選抜高校野球の注目選手は?
    1. 注目選手①豊川高校のモイセエフ・ニキータ選手
      1. モイセエフ・ニキータ選手に注目する声
    2. 注目選手②広陵高校の高尾響投手
      1. 高尾響投手に注目する声
    3. 注目選手③大阪桐蔭高校の森陽樹投手
      1. 森陽樹投手に注目する声
    4. 注目選手④大阪桐蔭高校の徳丸快晴選手
      1. 徳丸快晴選手に注目する声
    5. 注目選手⑤大阪桐蔭高校の平嶋桂知投手
      1. 平嶋桂知投手に注目する声
    6. 注目選手⑥大阪桐蔭高校の中野大虎投手
      1. 中野大虎投手に注目する声
    7. 注目選手⑦八戸学院光星高校の洗平比呂投手
      1. 洗平比呂投手に注目する声
    8. 注目選手⑧星稜高校の芦硲晃太選手
      1. 芦硲晃太選手に注目する声
  3. 2024年の春の選抜高校野球を沸かす注目校は?
    1. 注目高校①星稜高校
      1. 星稜高校に注目する声
    2. 注目高校②広陵高校
      1. 広陵高校に注目する声
    3. 注目高校③大阪桐蔭高校
      1. 大阪桐蔭高校に注目する声
    4. 注目高校④別海高校
      1. 別海高校に注目する声
    5. 注目高校⑤耐久高校
      1. 耐久高校に注目する声
    6. 注目高校⑥明徳義塾高校
      1. 明徳義塾高校に注目する声
    7. 注目高校⑦花巻東高校
      1. 花巻東高校に注目する声
    8. 注目高校⑧作新学院高校
      1. 作新学院高校に注目する声
    9. 注目高校⑨京都外大西高校
      1. 京都外大西高校に注目する声
    10. 注目高校⑩健大高崎高校
      1. 健大高崎高校に注目する声
  4. まとめ

2024年の春の選抜高校野球の優勝候補予想は?

優勝候補①大阪桐蔭高校

アンケートをとってみたところ、やはり1位は強豪・大阪桐蔭高校です。

では順番に大阪桐蔭高校の優勝を予想する高校野球ファンの生の声をみていきましょう。

大阪桐蔭高校を優勝候補とする声

5年連続15回目の出場は素晴らしいです。

 

秋の高校野球近畿大会で優勝しており、順調に進めば大阪桐蔭が優勝候補筆頭だと思います。

 

 

西谷浩一監督も甲子園のことは熟知している点も心強いです。

 

もちろん、選手達もよりすぐりのメンバーである点も強みです。

昨年のメンバーを主軸にして、小粒ではありながらも優秀なメンバーが揃っているからです。

 

平均して能力が高い印象があります。

 

エースの平島君は140キロ台後半のストレートが持ち味で、個人的にはキレで勝負するタイプに見えるので注目したいと思います。

優勝の常連でありながら昨年夏は甲子園にも出場できませんでした。

 

プロ野球ドラフトに指名された前田悠伍投手などはいなくなりましたが、強豪校ならではの厚い選手層と昨年夏の悔しさをバネにして、高い実力を発揮できると思うから優勝を予想します。

今までの経験が重要な局面で役に立つのでは無いのかなと考えているからです。

 

特に明治神宮大会で悔しい思いをしたからこそ、春の選抜大会では仕上げてくるのでは無いのかなと予想をしています。

 

そして投手陣の層が厚いのも大阪桐蔭の優勝を予想する理由です。

好投手が多く、投手力が安定しているからです。

 

大阪大会の決勝では履正社に1点差で勝ち、近畿大会でも決勝で1点差で勝ってるので、接戦に強く粘り強い野球が出来るチームだと思います。

エースのワンマンだけではある程度勝てたとしても優勝までは厳しいと思いますが、これだけの投手力があれば優勝できるのではないでしょうか。

投手力が今年のメンバーではずば抜けていいです、

 

150キロ以上を投げる森投手が中心で、投打に力があります。

 

そして5年連読の出場で、甲子園での戦いは監督をはじめとして慣れた感があり実力を発揮できる下地があります。

優勝候補②広陵高校

続いて2位となったのは広陵高校です。

甲子園常連校であることや優勝経験校であることから、2024年の優勝候補として推す声も多いですね。

広陵高校を優勝候補とする声

甲子園の常連校で経験が豊富であり、昨年春選抜・夏選手権を経験した主力が残り、バッテリーを中心に投・攻・守、揃ったチームです。

 

特にエースの高尾はストレートの威力とコントロールが抜群。

 

捕手の只石も経験豊富で、バッティングも期待できるため優勝候補と予想します。

常連校であり、優勝経験校でもあるからです。

 

中国地方では1敗しか今年はしておらず、投打が噛み合ったチームだと感じます。

 

中井監督の基本方針も素晴らしく、年を超えて広陵の野球が後輩にも浸透していると感じます。

優勝候補③青森山田高校

青森山田高校を優勝候補とする声

東北大会を優勝して、神宮大会を制した石川県の星稜高校に僅差で負けたので、力のあるチームであることは間違いないです。

特に投手力が高いと評価しています。

 

大崩れしないので、リードされていても逆転する可能性が十分あります。

近年は東北では仙台育英が目立っていましたが、今年は青森山田に注目です。

優勝候補④豊川高校

豊川高校を優勝候補とする声

10年ぶりの選抜出場ではありますが、激戦の愛知県大会を準優勝し、幾多の強豪ひしめく東海大会で優勝しました。

プロから注目のスラッガー、モイセエフ・ニキータ外野手を中心とした打線は、選抜での初優勝も夢ではないと思います。

優勝候補⑤報徳学園高校

報徳学園高校を優勝候補とする声

甲子園のある西宮の学校・報徳学園が優勝すれば、地元は大いに沸くだろうと期待を寄せて、優勝を予想すると書かせていただきました。

地元の声を受けて、選手たちが大いに活躍してくれることを期待しています。

そして今年も阪神タイガース優勝し、報徳学園も優勝で関西を盛り上げてほしいです。

優勝候補⑥星稜高校

星稜高校を優勝候補とする声

星稜には2人の好投手(佐宗君(新3年)と道本君(新2年))を擁していることが1番の理由です。

その日の調子や相手チーム、登板間隔などを考えての起用が可能で、やはり野球の勝ち負けは守り、特に投手により決まると思います。

また秋の明治神宮大会では打線も好調で4試合28得点をたたき出していて、投手を援護すると思います。

スポンサーリンク

2024年の春の選抜高校野球の注目選手は?

続いて夏の甲子園で活躍が期待される注目選手をみていきたいと思います。

上の優勝候補で紹介していた選手以外にも大勢の注目株が揃っているという感じです。

 

それでは順番に紹介していきますね!

注目選手①豊川高校のモイセエフ・ニキータ選手

モイセエフ・ニキータ選手に注目する声

両親がロシア人の選手ですが、東海大会では打率0.625を記録したプロも注目の選手です。

 

左投左打ちの外野手で、体格は180センチメートル、体重は80キロくらいですが、外人特有のパワーがあります。

 

今回の選抜では一番の長距離砲だと思います。

好投手が多い今大会で、持ち味の打力がどれだけ発揮されるのか楽しみだからです。

 

両親がロシア人ということで日本人とは体格も身体能力も違うと思うので、当時のオコエ瑠偉選手のようなあっと驚かせてくれるようなプレーに期待しています。

私はソフトバンクホークスファンですが、彼は新聞などでホークスの柳田悠岐二世を彷彿させると書かれています。

 

打力はパワーがあり、また足も速く肩も強いと評判のバッターで、今回すごく注目している選手です。

 

高校生ばなれした活躍が期待できそうです。

注目選手②広陵高校の高尾響投手

高尾響投手に注目する声

広陵高校の高尾響投手は昨年夏の甲子園大会で、その後に優勝するまで勝ち上がる慶應義塾高校との対戦で負けたものの好投し熱戦を繰り広げ慶應ナインを苦しめた。

 

あの試合の悔しさをバネに、成長した姿を見せてほしいから。

1年生からエースナンバーをつけ甲子園でも実績がある投手です。

 

140キロ台後半をコンスタントに流れてキレのある変化球は年々進化しています。

 

最終年度でかける思いも相当な思いだと思うので、活躍に期待するとともに注目しています。

注目選手③大阪桐蔭高校の森陽樹投手

森陽樹投手に注目する声

高校一年生ながら大阪桐蔭の中で目を引く選手です。

 

「1m89cmという高身長から150km/hの球を投げる」という点では大阪桐蔭OBの藤浪晋太郎投手と似ている部分もあります。

 

まだ身体ができていない段階かもしれないので登板機会が少ないかもしれないですが、将来的にも楽しみな選手です。

ストレートの速さが群を抜いて凄いなと感じたのが理由です。

 

そして堂々としたマウンドの立ち振舞にもスター性があるなと思いました。

 

 

何処と無く大阪桐蔭OBの藤波投手の面影もあって似ているのも注目をしています。

 

選抜大会でも、さらなる成長を見せてくれると思っています。

注目選手④大阪桐蔭高校の徳丸快晴選手

徳丸快晴選手に注目する声

大阪桐蔭高校の徳丸快晴選手です。

様々なポジションを守れる器用な選手ですし、ミート力も高くてチームにとって欠かせない選手です。

 

また両投げという特徴もあります。

両打はたまに見かけますが、両投げはかなり珍しいので様々な起用が考えられます。

注目選手⑤大阪桐蔭高校の平嶋桂知投手

平嶋桂知投手に注目する声

ストレートが武器と感じましたが、動画で見るに中日の涌井のような糸をひくタイプのストレートでキレがかなり良いと感じます。

このタイプはコントロールが生命線になるので、そこさえ誤らなければプロに行ける逸材かもしれないと思います。

注目選手⑥大阪桐蔭高校の中野大虎投手

中野大虎投手に注目する声

大阪桐蔭の選手で、伸びのあるストレートで中学時から注目されていた選手です。

高校1年生の春には、練習試合で140キロ中盤を記録している注目度の高い選手で、プロ入り間違いなしかと期待度注目度ともナンバーワンの選手です。

注目選手⑦八戸学院光星高校の洗平比呂投手

洗平比呂投手に注目する声

昨年夏の甲子園で拝見し、スラっとした体型でしなやかな腕の振りから140Kmを超えるストレートとカーブのコンビネーションがいい投手という印象です。

一冬超えて体が一段と出来上がった状態での成長した投球を見てみたい。

注目選手⑧星稜高校の芦硲晃太選手

芦硲晃太選手に注目する声

秋の明治神宮大会での準決勝や決勝といった大一番で、芦硲晃太選手の見せた活躍は目を引くものでした。

ホームランや勝ち越しのタイムリーヒットを放つなど、輝かしいパフォーマンスは注目に値します。

選抜高校野球でも大切な場面でバットを振ることを期待して、芦硲晃太選手に注目しています。

スポンサーリンク

2024年の春の選抜高校野球を沸かす注目校は?

それでは2024年の春の選抜高校野球の強豪校からダークホースまで注目高校を見ていきたいと思います。

注目高校①星稜高校

星稜高校に注目する声

2023年石川県高校野球秋季大会で優勝し、北信越大会秋季も優勝、さらに明治神宮野球大会高校の部で全国優勝しています。

 

星稜高校は言わずとも知れた北陸の強豪野球部ですが、今大会のメンバーは昨年の秋に全国制覇も経験しており注目しています。

やはり明治神宮大会を見た中で攻守のバランスが良かった事が理由です。

 

そして監督の采配も手堅く中々隙を見せないチームと言う印象を感じました。

 

北信越のチームはここ数年勝てない時期があるので、快進撃を見せて欲しいなと思っています。

注目高校②広陵高校

広陵高校に注目する声

広陵も昨年から出ているメンバーが少しいるので、そこを主軸に真鍋くんのような突出したメンバーがいなくても総合力で勝ち上がってくると思う。

 

広陵はどの世代も力があるタイプなのでできれば勝ち上がって大阪桐蔭と戦って欲しい。

去年の夏から組んでいる高尾選手と只石選手がどう成長しているか、気になるからです。

この2選手は将来プロに行く可能性もあり、プロの広陵のバッテリーというと野村選手と小林選手を彷彿とさせます。

センバツでドラマを作って、プロでも輝いて欲しいです。

注目高校③大阪桐蔭高校

大阪桐蔭高校に注目する声

常に高校野球界を牽引している学校で、他のチームが打倒大阪桐蔭を掲げて挑んでくる中で、どのような戦いをするかが注目しています。

春夏連覇したころから比べると小粒な印象だが、その分まとまりがありチーム力が高いと思います。

投手は複数の能力の高い選手を揃え、トーナメント後半の過密なスケジュールになっても有利にはたらくと思います。

注目高校④別海高校

別海高校に注目する声

21世紀枠で出場する別海高校を応援しています。

北海道なので厳しい寒さと雪で、他の地域とは明らかにハンデがあります。

 

酪農が盛んで人より牛の方が多く、小さな町から出場できることは本当に凄いです。

21世紀枠に対してネガティブな意見を持っている人が少なくないですが、厳しい条件の中で頑張っている球児にチャンスを与えることは、とても大事なことだと思います。

注目高校⑤耐久高校

耐久高校に注目する声

和歌山県立耐久高等学校は春夏を通じて初出場校であり珍しい名前の高校です。

インパクトがある名前が気になりました。

 

野球部主将が「学校名同様、耐えて耐えて、勝利に向かって泥臭く戦いたい」と言っていたので、試合内容に注目しています。

いきなり大阪桐蔭と対戦する可能性もあるので、組み合わせ抽選が楽しみです。

注目高校⑥明徳義塾高校

明徳義塾高校に注目する声

明徳義塾は昨年U18日本代表を率いて世界一となった馬渕監督が率いる高校です。

年齢的にもあと何年高校野球の監督を続けられるのか疑問なので、残り少なくなった監督生活の集大成となるように今一度全国制覇を成し遂げてほしいから注目しています。

注目高校⑦花巻東高校

花巻東高校に注目する声

花巻東出身者のプロ野球選手は多数いますが、中でも大谷選手は本当に活躍している選手だと思います。

そんなすごい選手を輩出している学校から、今年もすごい選手が出てくるだろうと注目しています。

東北の地を盛り上げるであろう花巻東に注目しています。

注目高校⑧作新学院高校

作新学院高校に注目する声

OBの江川さん2世といわれる好投手(小川君(新3年))を擁し、秋の明治神宮大会では、先発・リリーフとも起用されて、良い結果を残していることが理由です。

また秋の明治神宮大会では接戦や逆転勝ちを収めるなど勝負強さも発揮して、星稜に続く準優勝を果たしていて、選抜高校野球でも注目しています。

注目高校⑨京都外大西高校

京都外大西高校に注目する声

まずは地元ですのて応援を込めて注目しています。

秋の近畿大会でも注目してましたがベスト4にはいり粘り強さがでてきました。

 

投手は田中君が中心で彼はスタミナがあり全体てきに安定感があります。

なにをおいても彼の出来次第ではいいところまでいけそうです。

注目高校⑩健大高崎高校

健大高崎高校に注目する声

2年連続の出場校で何より昨年は初戦敗退と今年にかける気持ちは並々ならぬ思いを感じます。

健大高崎高校は毎年投打のバランスが良くがむしゃらで勇気をもらえるようなプレーが多いという印象ありますので注目しています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は2024年の春の選抜高校野球の優勝候補予想や注目選手・高校について紹介してきました。

高校野球は注目を浴びていた優勝候補の名門校が、思わぬ番狂わせで敗退してしまうこともあるのがドラマにになり人々の心を動かすのだと思います。

 

今年の夏の甲子園は、優勝候補に名前の上がっている名門校が優勝するのか、それとも意外なまったくノーマークのダークホース的な穴場高校が勝ち進むのか、分からないところがまた楽しみでも有りますよね。

何が起こるかわからない夏の甲子園。球児たちの熱戦に期待したいですね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました