高校ラグビー優勝候補2024の予想は?注目校・選手まとめも紹介!

ラグビー スポーツ

※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

毎年冬の楽しみといえば東大阪市花園ラグビー場で開催される全国高校ラグビー大会ですよね。

どこの高校が優勝候補なのか予想するのを楽しみにしている方も多いことと思います。

 

そこで今回は第103回全国高等学校ラグビーフットボール大会について、高校ラグビーファンからアンケートで生の声を募集した結果を紹介したいと思います。

この記事を読めば高校ラグビー開催中に、以下のような応援する楽しみも増えるのではないでしょうか。

 

ぜひ高校ラグビーの優勝候補予想2024についてはもちろん、注目校注目選手についても紹介しているこの記事を読んで、高校ラグビーの開幕から決勝戦まで楽しみましょう!

 

■ラグビーのルールを理解して高校ラグビーの観戦を楽しむために以下の記事もチェックしてみてくださいね。
→ ラグビーのスクラムが意味不明?ルールやポイントを初心者でもわかりやすく解説!

スポンサーリンク

高校ラグビー2024の優勝候補予想は?

2024年の高校ラグビーの優勝候補予想では、数多くある出場校のなかでもやはりいくつかの高校が注目を集めています。

なぜこれらの高校が優勝候補として挙げられるのか、その理由を探ってみたいと思います。

高校ラグビーまで1ヶ月を切った12月の初旬。

クラウドワークスで高校ラグビーファンの生の声を聞くために「2024年の高校ラグビーではどの高校が優勝すると予想しますか?」という質問をしてみました。

 

高校ラグビーファンの間では、昨年の優勝校・東福岡高校の優勝を予想する回答が最も多く4票を獲得しました。

続いて桐蔭学園高校が2票、國學院栃木高校が1票を獲得しています。

2024年 高校ラグビー 優勝候補予想

では詳しくそれぞれの優勝候補予想をみていきましょう。

優勝候補①東福岡高校

高校ラグビーファンのアンケートをとってみたところ、1位は東福岡高校でした。

東福岡は高校ラグビーの強豪として知られており、その実力と歴史が多くの注目を集めています。

では東福岡高校の優勝を予想する高校ラグビーファンの生の声をみていきましょう。

東福岡高校を優勝候補とする声

やはり選手層の厚さに尽きると思います。

 

優勝経験があるからこその試合巧者で強い所が理由の一つです。

 

 

そして攻守のバランスが良いので、中々大崩しないのでは無いのかなと予想しています。

 

同時にこの強いチームに相手チームがどの様に挑んでいくのかも気になっています。

優勝候補として世間で注目されている桐蔭学園が世代交代中なので、前回よりも戦力ダウンしています。

 

その点東福岡は攻守ともに良いバランスなので、穴がありません。

 

 

また前回の悔しさもあるので、油断がないと思います。

 

挑戦者の気持ちで臨める点も勝因かな?と思います。

春の選抜大会では桐蔭学園に決勝で敗れたものの、力は拮抗していると思います。

 

100回、101回では3位、そして去年の花園では優勝と、この大会にはめっぽう強い東福岡。

 

冬に向けた調整力は抜群で、春の選抜の借りを返すと予想しています。

前シーズンの優勝校は今シーズンも大本命にしています。

 

福岡県大会は決勝でも緩めることなく62対3の圧勝劇

 

 

来年1月7日に喜んでいるのはこのチームだと思います。

 

対抗に地元の目黒学院を推しますが、順当にいけば東福岡かなと。

優勝候補②桐蔭学園高校

アンケートで2位を獲得したのは、2票で桐蔭学園です。

桐蔭学園の最大の特徴はその強力なスクラムです。

 

スクラムの強さは、チーム全体のフィジカルの強さスクラムの技術力の高さに裏打ちされています。

また桐蔭学園はボールを動かすスピードと、パスの精度にも優れています。

桐蔭学園高校を優勝候補とする声

神奈川県大会での決勝で桐蔭学園vs東海大相模で、身内繋がりもあって東海大相模を応援していたのですが、結果は桐蔭学園の圧勝でした。

 

東海大相模が勝てなかったのは残念ですがこのまま神奈川県を応援したいです。

 

優勝候補の一角にも上がっています。

桐蔭学園には6月に開催された高校日本代表候補の合宿に参加した選手が多くいます。

昨年は花園の切符を逃しましたが、それ以前は数年、無双状態で全国大会を制覇し続けていた実績があります。

 

 

とても残念でしたが、新チームにとっては他のチームよりも早くから活動できるというアドバンテージがあります。

 

なので今年の選抜大会では、圧倒的な強さを見せて優勝していることから花園でも優勝を予想しています。

優勝候補③國學院栃木高校

國學院栃木の最大の特徴はその規律正しいプレーです。

國學院栃木はラグビーの基本的なプレーを徹底的に練習し、常に高いレベルのプレーを維持しています。

また國學院栃木は選手一人ひとりが献身的にプレーし、チームのために全力を尽くします。

國學院栃木高校を優勝候補とする声

元々ラグビーの伝統高校であり、2022年も全国大会で決勝まで行っており、2022年準決勝では桐蔭学園相手に圧巻な試合を見せてくれました。

SOのキックパスも凄く、またヘッドコーチの吉岡さんは素晴らしい指導者なので、今年こそ期待出来ると思うからです。

スポンサーリンク

2024年の高校ラグビーの注目選手は?

続いて高校ラグビー2024の注目選手についてみていきましょう。

2024年の高校ラグビーでは、多くの才能あふれる選手たちが注目を集めています。

 

特に以下の7人の選手たちはそれぞれに得点力や攻撃力などを持ち、今年の高校ラグビーでの活躍を期待されています。

 

これらの選手たちの活躍が、高校ラグビー2024の結果にどのように影響を与えるのか、非常に楽しみです。

彼らの一挙手一投足にぜひ注目してみてください。

 

アンケート結果では、東福岡高校の高比良恭介選手が3票で1位を獲得していて期待の高さを感じさせます。

2024年 高校ラグビー 注目選手

それでは順番に紹介していきますね!

注目選手①高比良恭介(東福岡高校)

高比良恭介に注目する声

やはり強いチームを主将として纏め上げている事に尽きると思います。

 

去年の経験があるからこそ、厳しい状況になった時に重要視される場面が来ると思っています。

 

そして緊迫感のある中でいかに打開していくのかに注目をしています。

主将として大きく成長した1年だったと思います。

 

フォワードの縦の強さだけでなく、バックスも流れの中で連動できるようになり、穴がなくなった選手です。

 

高比良恭介に引っ張られて他の選手もレベルアップしてきているので、良い相乗効果が生まれています。

高比良恭介選手は昨年の高校ラグビー大会で優勝した東福岡高校の主将として、そのリーダーシップと献身的な姿勢でチームを牽引しています。

 

彼はインタビューで連覇に向けたプレッシャーを特に感じていないことを明かし、試合に向けて良いコンディションを保つための強いメンタルを持っていることが伺えます。

 

高比良選手はこの1年間の努力の集大成として目の前の試合に集中し、一戦一戦勝ち上がっていくことを目指しています。

注目選手②小坂龍平(國學院栃木高校)

小坂龍平に注目する声

小坂龍平選手は現在國學院栃木高校の3年生で、2022年の全国大会で準優勝した際には1年生でした。

彼はその時から素晴らしい先輩たちのプレーを間近で見て学んできており、体格も優れています。

 

特に身長が180cmを超えることで注目されています。

さらに小坂選手のディフェンスやスクラムに対する姿勢とポテンシャルは非常に高く評価されており、その能力には目を見張るものがあります。

注目選手③野崎敬一朗(東海大相模高校)

野崎敬一朗に注目する声

東海大相模の選手だからという理由です。

なので3年生全員を注目選手に挙げたいです。

 

野崎さんは自身の怪我などもあって、胸に決したことたくさんあったと思います。

残念ながら神奈川県大会では優勝出来ませんでしたが今後も頑張って欲しいと思い注目選手に挙げました。

注目選手④田川陽生(松山聖陵高校)

田川陽生に注目する声

田川陽生選手は松山聖陵高校のラグビー部に所属しており、身長は167センチと決して大きくはありませんが、その速い足が特徴です。

地方大会の決勝では彼の速さを活かしたトライを多く見せ、花園での大会でもその走りがどれだけ通用するかが注目されています。

 

大会直前にはステップの技術にも磨きがかかり、敵のディフェンスをかわす攻撃に対する期待が高まっています。

また彼は日本代表の候補としても名前が挙がっているのも注目するポイントです。

注目選手⑤ブルースネオル・ロケティ(目黒学院高校)

ブルースネオル・ロケティに注目する声

東京大会、国学院久我山が順当に勝ち上がると観ていたら、相手の目黒学院のナンバーエイト、なんだアレ?

ブルースネオル・ロケティ、調べたらまさかの1年生

 

このチーム外国籍軍団って感じで久我山と互角に戦い、しかも勝利!

花園でどんなプレイを見せてくれるか注目です。

スポンサーリンク

高校ラグビー2024を沸かす注目校は?

2024年の高校ラグビーでは、以下の高校が特に注目を集めています。

 

これらの高校はそれぞれに独自の強みを持ち、今年の高校ラグビー2024の結果に大きな影響を与えることが期待されています。

 

これらの高校がどのような戦いを見せるのか、今から非常に楽しみです。

各高校の特色と戦略を理解することで、高校ラグビーの醍醐味がさらに深まります。

2024年の花園は、これらの高校によってさらに盛り上がること間違いなしです。

 

アンケートの結果は優勝候補の東福岡高校早稲田実業学校が並んでトップでそれぞれ2票を獲得しています。

続いて桐蔭学園高校・青森山田高校・松山聖陵高校がそれぞれ1票ずつを獲得しています。

2024年 高校ラグビー 注目高校

それでは2024年の高校ラグビーでの活躍が期待される、注目高校を見ていきたいと思います。

注目高校①東福岡高校

東福岡高校に注目する声

常勝高校の印象が凄く強いです。

 

福岡県大会での決勝も圧倒的スコアでした。

 

 

過去の優勝実績もあるので勝ち方の理論、行動をよく分かっているチームになっていると思います。

 

多分そつなく決勝まで勝ち上がってくると思います。

東福岡高校のラグビーチームは昨年の大会で優勝を果たし、今年も連覇を目指しておりその期待は非常に大きいです。

 

チームはフォワードとバックスの間でバランスが非常に良く取れています。

 

 

フォワード陣は頭脳的な強さを持ち、一方でバックスは速力と俊敏性を兼ね備え展開力に優れています。

 

チーム全体としてもワンチームとしての一体感があり、非常にうまくまとまっているのが特徴です。

注目高校②早稲田実業学校

早稲田実業学校に注目する声

3年ぶりの全国大会出場ということで期待が高いです。

 

ラインアウトモールからのトライで勝負を決めていたり、良いシーンをみることができたから。

 

また早稲田実業の応援も応援歌や吹奏楽なども魅力的な1つであるので注目しています。

この冬はサッカーといいラグビーといい、全国大会に出場している名門・早稲田実業。

 

今年のダークホースとして注目しています。

 

 

あの成城学園を31-7という点数差が負かしているので実力のあるチームなのでしょう。

 

兄弟高、早稲田佐賀の分まで頑張ってほしい!

注目高校③桐蔭学園高校

桐蔭学園高校に注目する声

優勝候補と呼び声が高いと言われている東福岡に対抗出来る最有力だと思っているからです。

だからこそどの様な戦術を駆使しながら試合をしていくのかに注目をしています。

ある意味攻守のバランスが取れていて隙が無いチームでやりにくいと感じています。

注目高校④青森山田高校

青森山田高校に注目する声

留学生を率いたパワフルなチームなので、前半を上手く最少失点で切り抜ければ、後半はフィジカルで押し切ることも可能です。

意外とカウンターがハマると怖いチームかな?と思います。

主力以外の成長しだいで化ける可能性が十分あります。

注目高校⑤松山聖陵高校

松山聖陵高校に注目する声

地方予選の決勝を直接拝見しましたが、ここ数年で松山聖陵高校のチームのまとまりは最も良い状態にあります。

決勝では過去最高の得点差で優勝し、新たな四国の強豪として伸び盛りのチームであることがわかります。

 

特に、HO(ハーフオープン)とFB(フルバック)が共に際立った存在で、モールからでも、パスプレーからでもトライを奪うことができるチームです。

スポンサーリンク

高校ラグビー優勝候補2024の予想は?まとめ

今回は2024年の第103回全国高等学校ラグビーフットボール大会の注目高校や選手、優勝候補予想について紹介してきました。

2024年の高校ラグビーは、これまで以上に熱い戦いを繰り広げること間違いなしで楽しみですね。

 

今年の高校ラグビーは、昨年の優勝校東福岡高校が優勝するのか、それとも桐蔭学園高校の復活が見られるのか、どうなるか分からないところがまた楽しみでもありますよね。

また東福岡の高比良恭介選手が主将としてどのようにチームを引っ張っていくのか、目黒学院のブルースネオル・ロケティ選手が1年生ながらどのようなプレーを見せてくれるのかが個人的には楽しみです。

 

2024年の花園高校ラグビー、それぞれの選手と出場校の健闘を祈りつつ、熱い戦いの展開を心待ちにしています!

 

以下の記事も読んで2023年のワールドカップも振り返ってみてくださいね。
→ ラグビーワールドカップ2023日本代表の注目選手は?ベテランから若手まで紹介!

コメント

タイトルとURLをコピーしました