バレンタインのお返しにハンカチはNG?贈り物の意味に注意

handkerchief

ホワイトデーのお返しに何がいいかな〜と考えている男性も多いと思いますが、特に贈り物の意味を考えずに選んじゃいますよね。

そんな贈り物に意味があるなんて考えたこともなかった!そんなこと考えるのめんどくさい!と思ってしまうのもわかります。

でもせっかくのお返しがその意味を知らなかったせいで自分への評価が下がっちゃうとしたら残念です。

バレンタインのお返しもきちんと意味を知って日頃の感謝の気持ちを表すことで職場の人間関係もうまくいくと思うのでNGな贈り物はできるだけ避けたいですよね。

今回はホワイトデーの贈り物の中でも意外に意味を知らずに贈ってしまいそうになる「ハンカチ」について贈るのはNGなのか?や、そうであるならなぜダメなのかについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

バレンタインのお返しにハンカチはダメなの?どうして?

ホワイトデーのお返しにハンカチというのは通販サイトのランキングとかにもあるのにどうしてダメなのかというの気になりますよね。

ハンカチは普段から使うので何枚あっても困らないし、値段も高すぎず安すぎず手頃で実際よく贈られているイメージがあります。

ではどうしてNGなのでしょうか?

ハンカチは「別れ」を意味する!

実はハンカチを贈るということには「別れ」「さよなら」の意味があるのです。これでは職場での「これからもよろしく」という意味とは反対の意味でとられそうですね。

どうしてハンカチには別れの意味があるのかというと2つの説があります。

まず1つめは風水からきていて、ハンカチは涙を拭くものだからということで別れを連想するからだそうです。

だから風水ではハンカチを贈るということは「永遠の別れ」「不幸」を意味しているんですね。

love_couple_bad

もうひとつの理由は、ハンカチの漢字からきています。

ハンカチは漢字では「手巾」と書きます。

これは「てぎれ」と読むことができるので、そこから別れの意味があるそうです。

ただ個人的にはそこまでホワイトデーの贈り物の意味を気にする人はいるのかな〜とも思いますが、意味を知っているのにあえてハンカチを贈る必要はないかなと思います。

風水や漢字の意味を別にしても身につけるものは女性はこだわりがあるので気に入ったものでなければ逆効果になるのでハンカチは難易度は高いですよね。

スポンサーリンク

ハンカチの他にも注意する贈り物の意味はあるの?

ホワイトデーの贈り物にはNGという意味だけでなくいろいろなシチュエーションにあった意味のあるものがあるので、こちらも知っておくと勘違いな贈り物を贈らなくてすみますよね!

代表的なものとしては以下のような意味があります。

  • マシュマロは「あなたのことが嫌い」
  • キャンディは「あなたのことが好き」
  • クッキーは「あなたは友だち」
  • マカロンは「あなたは特別な人」

これらの意味を知っておくと、こちらにそんなつもりがないのに相手を怒らせたり、勘違いさせたりすることもないかもしれませんね。

マシュマロはよくホワイトデーの定番で贈られるので意味を知った時は意外でしたね。やっぱり知っておくことは重要ですね!

ちなみにチョコレートやケーキ、ラスクには特に意味はないので無難に贈ることができます。

まとめ

実際のことをいうとホワイトデーのお返しの意味を深くとらえている女性はそんなに多くはないのかな?と思います。

ただせっかくバレンタインのお返しとして贈るのであれば相手の気に入るものを考えて贈るのが一番ですよね。そこで贈り物の意味も考えるというのは相手に対する気遣いとして重要だと思います

また、ハンカチを贈るのはNGということですが、ホワイトデーが3月ということであえて異動や退職をする女性に贈る人もいます。

この場合はちゃんと相手のことを考えて意味も活用していますよね。

今年のホワイトデーにはぜひ贈り物の意味も考えて女性によろこばれるものをプレゼントしてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です