雛人形のガラスケースが割れた場合交換は可能?修理と処分方法

160214

最近では雛人形といえば以前よく飾られていた多段飾りでなく、コンパクトなガラスケースに入った雛人形を飾る家庭も増えていますよね。

このガラスケースに入った雛人形はメリットとしてホコリで汚れにくかったり飾るスペースをそんなに必要としないといったことがありますが、デメリットとして割れやすいということがあります。

子供がぶつかって割れてしまうと危ないので飾る場所にも注意しないといけないですが、気をつけていても出し入れする時や収納時などに割ってしまうことがあると思います。

そこで今回は、雛人形のガラスケースが割れてしまった場合に、ガラスだけを交換することは可能なのかや修理方法、また割れてしまったガラスケースの処分方法についてみていきましょう。

スポンサーリンク

雛人形のガラスケースが割れた場合はどうする?

ガラスケースに入っている雛人形をいざ飾ろうと思ったら覚えがないのに割れていたり、飾り付けをしている最中に割ってしまったり、また飾ってあるところにぶつかって割ってしまったりということはどれだけ注意していてもおこってしまいますよね。

もちろんまずは収納している時に上に重いものをおかないとか子供に雛人形のまわりで騒がないように注意することも大前提ですが、実際割れてしまった時はどうすれば良いのでしょうか?

まずは買ったお店やガラス屋さんに問い合わせてみましょう。ひょっとしたらガラスのみの交換ができるかもしれません。

wareta_float_glass

もちろん有償にはなるとは思いますが、特に買ったお店であれば修理を受け付けてくれるところも多いと思います。

ただ、ひなまつりの直前など時期によっては修理を受け付けてくれないところもあります。またガラス屋さんも木枠にガラスをはめ込む人形ケースの修理だと昔ながらの技術をもっているところでないと断られることもあります。

断られる可能性もありますが、とにかくまずは一度雛人形を買ったお店や近くのガラス屋さんに問い合わせてみるのが良いと思います。

ではかなり以前に買ったものでお店がわからなかったりもうなかった場合や、断られた時はどうすれば良いのでしょうか。つぎにそういう場合の対策をみてみましょう。

スポンサーリンク

ガラスケースの修理依頼方法は?

雛人形のガラスケースの修理を断られたり、買った店がわからなかったりした場合は、ネットで修理をしてもらえる店を探すか、通販などでガラスケースだけを販売している店を探して購入するという方法があります。

修理の場合ですが、たとえばネットを探してみると意外にガラスケースの修理をしてもらえる店がみつかります。

例えば以下のような例があります。

Q 人形を入れているガラスケースのガラスが壊れました
人形を入れているガラスケースが壊れました。ガラスだけの交換は可能ですか?また、いくらくらいかかりますか?
(東京都 今林様)

【ご質問に対する回答】
枠自体がしっかりしており、壊れていなければ、ガラスの交換は可能です。
■ およそのお見積り金額
ガラスの交換・・・・・3,000円から
http://www.fukuda-shoan.com/faq/other.html#04

他にも住んでいる地域名もいれて「人形 ガラスケース 修理 (地域名)」とネットで検索して問い合わせてみると修理をしてくれる店がみつかるかもしれませんね。

ただガラスケースの作りによっては修理が困難な場合もあるようです。

昔ながらの木枠でできたものの場合は修理することが可能ですが、最近では樹脂製の枠のものや、木枠でつくられていても分解することを前提につくられていなく、接着剤で強力に固められたものなどもあるので一度ケースの現物をみてもらって見積もりをとってみるのがおすすめです。

ガラスケースのみの購入と壊れたケースの処分方法

探してみても修理をしてくれる店が見つからなかったり、見積もりをとってみて結構な金額になる場合、新しくケースのみを購入するのも良いですね。

その場合ケースの寸法、特に内寸に注意して気に入ったケースのみを購入することになります。

新しくケースを購入する場合は材質もガラスだけでなく、割れにくいアクリル製のものを選ぶこともできるのでよく検討して気に入ったものを選んでくださいね!

ガラスケースを買い換えた場合、古い壊れている方のケースはガラス類のゴミとして処分することになります。

その場合はお住みの市町村によって「燃えないごみ」や「粗大ごみ」として収集される方法が違いますので市役所のホームページなどで調べてみてくださいね。

たとえば横浜市の場合、以下のページで人形ケース(ガラス製)は50cm以上の場合は「粗大ごみ」、それより小さい場合は「燃えないゴミ」として出すようにのっています。

http://cgi.city.yokohama.jp/shigen/bunbetsu/list_n.html

人形自体を処分する場合もごみとして出すことも可能ですが、せっかく大事にしてきた人形をごみとして出すのはちょっと…という方にはリサイクルしたりお寺や神社で供養してもらう方法があるのでこれはまた紹介してみたいと思います。

まとめ

大切にしていてもついぶつかってしまったり、上に物をおいてしまったりしてしまい雛人形のガラスケースを割ってしまうことはありますよね。

割ってしまった時はまずは購入したお店がわかっていればそのお店に相談してみるのが良いと思います。

ただ時期によっては断られてしまったり修理は受け付けていないお店だったりした時はガラス屋さんにケースの実物をみてもらって見積もりをとってもらいましょう。

もし修理が受け付けてもらえなかったり、思った以上に金額がかかるようならば、ガラスケースのみを購入するのも良いと思います。その場合はアクリル製など割れにくい材質を使ったものを選ぶのもいいですね。

ガラスケースに入った雛人形は汚れにくかったり多段飾りのものに比べるとそんなにスペースも必要としないといったメリットがあります。

デメリットでもあるガラスが割れて子供がケガをするというようなことがないように、十分気をつけて女の子のお祭りをお祝いしたいものですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です