鎌倉長谷寺2018あじさいの見頃はいつ?アクセスや駐車場も紹介

N724_pinknoajisai_TP_V

天気予報を見るたびに憂鬱になってしまう梅雨の時期。レジャーなどに出かけたくても雨では何も楽しめない!と思ってしまいがちです。

ですが雨の日だからこそ、みずみずしく美しさを更に引き立たせる梅雨の代表的な花「あじさい」を見に出かけてみませんか?

インターネットであじさいの名所を検索すると必ずと言ってよいほど上位に上がってくる鎌倉。

今回はあじさいの名所の鎌倉の中でも有数の名所に名をあげられる長谷寺の見頃やアクセス情報などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

鎌倉・長谷寺の2018年あじさいの見頃はいつ?

長谷寺には約2500株もの種類豊富なあじさいが植えられています。

あじさいは6月から7月にかけて開花するのが一般的ですが、長谷寺ではあじさいの種類が多いので早いものでは5月末から咲き始めるそうです。

例年どおりの天候だと6月末から最期をむかえ7月中旬まで楽しめるようです。

長谷寺のあじさいは山の斜面に植えられていて、紫や青、赤などの品種や地質によって異なる色を楽しむ事が出来ます。

また、境内には物見台がありますので鎌倉の町並みや逗子の海の絶景もあじさいと共に堪能できます。

そんな絶景と共に楽しめるあじさい、見頃を逃したくはありませんよね。

例年シーズンになると鎌倉市観光協会様が開花情報を掲載されますので事前にチェックされる事をお勧めします。

【鎌倉市観光協会様HP】
http://www.kamakura-info.jp/


スポンサーリンク

長谷寺へのアクセスや駐車場などを紹介

【長谷寺(はせでら)】
住所:神奈川県鎌倉市長谷 3-11-2
電話:0467-22-6300
営業時間:8:00~17:00

■公共交通機関でのアクセス

  • 江ノ電では「長谷駅」で下車、徒歩5分ほどで到着します。
  • JR横須賀線では「鎌倉駅」でバスに乗り換え「長谷観音」で下車、徒歩5分ほどで到着します。
  • 小田急線では「藤沢駅」で江ノ電に乗り換え「長谷駅」より徒歩5分ほどで到着します。

■車でのアクセス

  • 横浜横須賀道を朝比奈I.Cで降り、県道204号沿いを走り30分ほどで到着します。

■駐車場

長谷寺の専用駐車場は普通車30台、バス4台のスペースがあります。

全面禁煙で普通車30分300円、バス30分1,000円の料金がかかりますが、営業時間を過ぎますと翌朝まで出庫できなくなりますのでご注意ください。

(その他詳細は長谷寺のHPをご確認ください。http://www.hasedera.jp/

あじさいの見頃の時期は長谷寺付近はとても渋滞しますし、この時期は常に満車な場合が多いようです。

せっかく足を運んだのに渋滞や駐車場探しに時間を費やしては楽しさが半減してしまいますよね。

NS645_ajisaitotourou_TP_V

どうしても車でのアクセスを希望される場合は、長谷寺より離れてしまいますが鎌倉駅周辺の駐車場をお勧めします。

鎌倉駅周辺はコインパーキングが多数ありますので、比較的空いてる駐車場を見つけやすくなっていますよ。

鎌倉駅周辺のコインパーキングをチェック
鎌倉駅から長谷寺の最寄りの駅の長谷駅まで5分で到着しますので渋滞などを考えるとこちらの方が多少便利かもしれません。

しかし、この時期はどこの駐車場も混雑をする可能性がありますのでやはり公共交通機関の利用をお勧めさせていただきます。

まとめ

長谷寺のあじさいの見頃やアクセス方法などを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

長谷寺の歴史は奈良時代からともいわれている古寺です。

時代や景色は移り変わっても、長谷寺のあじさいは訪れる人の心に幾度も感動をあたえてきたのではないでしょうか。

鎌倉の歴史に想いを馳せながら鎌倉の町並み、逗子の海、そして鮮やかで色とりどりのあじさい達をぜひ堪能して下さいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です