マイナス金利の意味は?個人への影響と一般家庭での対策

160202-2

日本銀行がマイナス金利を導入するということを、1月29日に発表したことが話題になっていますね。

この「マイナス金利」とは、そもそもどういう意味なのかわかりにくく「ひょっとしたら銀行にお金を預けると減ってしまうの?」という疑問をもった方や、個人にどんな影響がでるのかと不安になる方もいるかもしれません。

そこで今回はマイナス金利とはどういう意味かということや、個人の日常生活にどういう影響があるのか、またどう対策すればいいのかということを見ていきましょう。

スポンサーリンク

マイナス金利ってどういう意味?

まず今回発表されたマイナス金利が導入されるのは、銀行が日本銀行にお金を預ける場合のことで私達が銀行に預金をするときのことではありません。

tatemono_bank_money

銀行は預金をしている人に払い戻しを確実にするために日本銀行の当座預金に預金をしないといけないと法律できまっています。

この預金には0.1%という金利がついていたので銀行は資金を無理に企業に融資することなく、必要以上に日本銀行に預け続けてきました。

そこで銀行が日本銀行に大量に預けている資金を企業への貸し出しにまわし、設備投資や給料のアップにつながるように法律で決められた以上の資金に対してマイナスに引き下げるということを決定したのです。

でも銀行が日本銀行に預ける預金が全部マイナス金利になるわけではありません。


今後新規に預けられる金額のうち一定の金額を超えた部分のみマイナスになるということです。

法律で決められた預金者保護のための部分は今までどおり0.1%の金利がつき、超えた部分が0%の金額とマイナス金利になる金額の全部で3段階の金利になるということです。

そう考えると意外にマイナス金利になる部分は割合としては小さいので、思ったほど大変なことになる!というほどのインパクトはないようです。

スポンサーリンク

個人にはどういう影響があるの?

実際にマイナス金利になるのは銀行が日本銀行に預けるときだけということで、個人の預金がマイナスになってしまうということはありません。

でもどうしても不安に思ってしまう人はでてきますよね。

言葉だけを聞いて預金がマイナスになると思ってしまう人もいるとは思うのでそこを狙った詐欺が出てくるかもしれないので注意しないといけませんね。


ただ直接マイナス金利になることはないとはいえ、日常生活が影響をうける可能性はあります。

現状でも私達が銀行に預金するときの金利はかなり低いですが、それがマイナスになることはないとはいえ、さらに下がるかもしれませんね。

またメリットとしては、銀行のもっている資金が貸出にまわるとすると、住宅ローンなどは金利が低下するかもしれません。

一般家庭でできる対策は?

マイナス金利によって一般家庭で対策をとらないといけないような事態はすぐにはおこらないと考えられます。

ところが長期的に見るとと銀行が日本銀行へのマイナス金利の支払いによってコストがかかるようになります。

その分を転嫁するために本来なら金利が安くなると思われている住宅ローンや自動車ローンのような貸出の金利を上げたり、いろいろな手数料をあげてくることもあるかもしれません。

そういったことを踏まえるならば、各銀行を比較するときは預金の金利だけでなく手数料などの差を判断し、賢く選択していくのが重要な対策だとは思いませんか?

あとは先ほどみたようなマイナス金利という言葉を利用するような詐欺や、銀行の金利が低いことの不満を利用した投資詐欺にも注意していくことが必要です。

akutoku_shouhou_furikome_sagi

まとめ

今回日本銀行が発表したマイナス金利についてみてきました。

ヨーロッパではすでに導入されている国も多いのですが、日本で導入されるのは今回が初めてです。

まずは、私達の預金がマイナス金利になるということはないということなので、慌てて預金を引き出してタンス預金にしようとしたり詐欺に引っかからないようにするために、情報を手に入れておくということが一番の対策になりますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です