ペンパイナッポーアッポーペン意味や振り付けは?ハマった有名人も紹介

fd400917

Youtubeで公開後あっという間に日本だけでなく世界中で大ブームとなっているピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン」ですが、今現在確認したところ、視聴回数は2200万回を超えています!

話題になった当初はピコ太郎は誰なのか?ということや、「江南スタイル」的に世界を狙って作られたのでは?ということが注目を集めましたね。

とにかくシンプルでインパクトがあり、頭から離れなくなるフレーズが世界中で受けた理由ではないでしょうか。

今回はそもそも「ペンパイナッポーアッポーペン」の歌詞の意味とは?ということや振り付け、またハマった有名人についても見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ペンパイナッポーアッポーペン意味や振り付けは?

もうTwitterやFacebookのタイムラインでいろいろな人の「やってみた」を見たという方も多いと思いますが、まずは本家ピコ太郎のペンパイナッポーアッポーペンをご覧ください。

改めてみてみても意味はわからないのにハマってしまいますね(笑)

そもそも歌詞はなんと言っているのでしょうか。

「アイハブアペン。アイハブアナッポー。アッポーペン! アイハブアペン。アイハブパイナッポー。パイナッポーペン! アッポーペン。パイナッポーペン。ペンパイナッポーアッポーペン」

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/

意味としてはペンとりんごを持っていて合わせてアッポーペンになるというのと、ペンとパイナップルをあわせてパイナッポーペン、そしてアッポーペンとパイナッポーペンをあわせてペンパイナッポーアッポーペンになるというものですよね。

はっきり言って意味を真剣に考えるとバカらしいところが面白いんでしょうね(笑)

また振り付けに関しては本人直伝で指導する動画も公開されているのでこちらを見て踊ってみるのもいいかもしれませんね。

「やってみた」動画が数多くアップされていますが、意外に間違っている振り付けが多いようなので、ピコ太郎本人が細かく動画で指導しています。

時期的にも振り付けをマスターして忘年会で披露するのもいいのではないでしょうか!

スポンサーリンク

ペンパイナッポーアッポーペンにハマった有名人も紹介!

もともとペンパイナッポーアッポーペンが世界で流行るきっかけとなったのは、ジャスティン・ビーバーがTwitterでお気に入り動画としてペンパイナッポーアッポーペンをつぶやいたことだと言われています。

それ以前には中高生を中心にSNSで流行っていたのが、ジャスティン・ビーバーがつぶやいたことが、逆輸入で日本のテレビで話題になり、SNSをしていない層も巻き込んでブームが起こったという感じですね。

一般人の「やってみた」動画はもちろん数多くネットにあっぷされているのですが、有名人にもハマっている人は多いらしいですよ。

NMBのメンバーによるものや、野村周平さん、GENERATIONSの関口メンディーさんらもハマっているようで、動画を投稿したりSNSで言及したりしています。

😂😂😂😂

QS86_shuheiさん(@qs86_shuhei)が投稿した動画 –

まだまだ年末に向けて盛り上がりそうなのでぜひ皆さんも練習してみて下さいね(笑)

まとめ

今回はピコ太郎のペンパイナッポーアッポーペンについて歌詞の意味や振り付け、ハマった有名人について見てきましたがいかがだったでしょうか。

すでにピコ太郎の正体は元底ぬけAIR-LINEの古坂大魔王さんということが分かってしまっているので誰なのかを探す楽しみはないのですが、これだけヒットすると古坂大魔王さんとしての露出もこれからどんどん増えることが期待できますね。

ただこれだけブームになりすぎてしまうとこの次が非常に難しいのかなとも思いますが、ぜひペンパイナッポーアッポーペンを超えるアイデアであっといわせてもらいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です