ジョコビッチ全豪オープン2016決勝進出!日程と対戦相手まとめ

160129

全豪オープンの男子シングルス準決勝でノバク・ジョコビッチがロジャー・フェデラーを制して2年連続6度目の決勝進出を決めました!

ジョコビッチは全豪オープンに12年連続で出場していますが、去年はアンディ・マレーに勝って5度目の優勝をしています。

ジョコビッチは2年連続で6度目の優勝を目指して決勝に臨みますが、その決勝の日程や対戦相手についてみていきましょう。

スポンサーリンク

ジョコビッチがフェデラーに勝って決勝へ!

ジョコビッチとフェデラーの対戦成績は22勝22敗ということでどちらが勝ってもおかしくない対戦でしたが、昨シーズンは8回対戦したうちでジョコビッチは5勝しています。

ジョコビッチは準決勝でフェデラーに勝ったことで23勝22敗となり、初めて勝ち越しました。

今回の決勝進出によって、フェデラーは4大大会で19回目の決勝進出となってこの記録は史上3位になります。


スポンサーリンク

全豪オープン2016決勝の日程や対戦相手は?

全豪オープンの決勝は1月31日に行われます。

対戦相手は1月29日(金)に行われるミロシュ・ラオニッチとアンディ・マレーの対戦の勝者と行われます。

マレーの妻は現在妊娠中で大会中に出産が重なれば決勝に進んだとしてもイギリスに帰ると決めているそうです。以前から妻の出産には駆けつけると言っていて家族を大事に思う気持ちにブレはなさそうです。

今のところ出産予定日は数週間先ということで決勝に進出しても大丈夫そうです。

そういう状態でも準決勝まで勝ち進んできているとは、精神的に強いですね。

まとめ

錦織選手が準々決勝で敗れたジョコビッチ選手が決勝に駒をすすめました。錦織選手が勝っていたら日本男子としては84年ぶりになるベスト4進出を逃してしまったのは残念でしたね。

でもジョコビッチ選手が決勝にすすんだところをみると、さすが世界1位の選手の強さを感じます。

錦織選手も準々決勝後の記者会見ではジョコビッチ選手との力の差は感じているが、もう少しなんとかできたと思うと答えていましたが、今後もチャンスはあると思うのでがんばってほしいですね。

1月31日の全豪オープンの決勝で、ジョコビッチはラオニッチとマレーの勝者と対戦します。
ジョコビッチ選手が決勝で勝利すると、全豪オープン2連覇と6度目の優勝を得ることになるので結果に注目ですね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です