こち亀ジャンプ連載終了の理由は?最終回のあらすじとファンの反応も

PAK88_manganotana20141108161323_TP_V

40年にわたって週刊少年ジャンプに連載を続けてきた「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の連載終了の発表が話題になっていますね。

こち亀の連載終了は、作者の秋本治さんがこち亀連載40周年を記念した巨大絵巻物を神田明神に永年奉納する奉納式の海上で秋本さん自身から発表されました。

個人的なにはなんとなくこち亀はずっと続くものだと根拠もなく思い込んでいたので、急な発表にびっくりました。同じような思いの方も多いことと思います。

そこで今回は連載終了が発表されたこち亀のジャンプ連載の最終回はいつなのか、また終了理由やファンの反応について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

こち亀の最終回はいつ?

今回発表されたこち亀のジャンプ連載の最終回は9月17日発売号で最終回を迎えるということで、同時に発売される単行本も200巻で完結するとのことです。

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」は、1976年から週間少年ジャンプで連載されてきた長寿連載マンガとして知られています。

なんと連載開始からの40年間一度も休載したことがなく、「少年誌の最長連載記録」のギネス記録を現在も更新中です。

40年間休載なしということは描き続けることはもちろんすごいですが、これだけネタが枯れないというのもすごいことだと思います。

週刊少年ジャンプといえば、読者アンケートの内容によって掲載順が毎号決まり、人気が低下するとすぐ打ち切られることでも有名ですね。

そういった厳しい環境の中40年続けてきたということは、先ほどの描き続けるすごさとネタが枯れないすごさに加えて、人気も保ち続けたということでまさに奇跡のような長期間の連載だったと思います。


スポンサーリンク

「こち亀」ジャンプ連載終了の理由はなぜ?

長期連載していた漫画が終了する理由として考えられるのは、作者の体調不良や、漫画の人気が落ちてしまったということです。

ではこち亀の場合はどういう理由だったのでしょうか。

秋本先生自身は連載終了の理由について、以下のように話しています。

「びっくりさせて申し訳ない。だが、おめでたいときに終わるのが一番。両さんはお祭りが大好き。みんなに祝ってもらい、スッと消えるのが両さんらしい大団円」

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/

体調の問題でもなく、編集部から打ち切られたわけでもなく、200巻発売と連載40周年が近づいてきた1年ほど前に秋本先生に連載終了の決断がよぎったそうです。

秋本先生自身で40年続いたこち亀のやめ時を決断するのは、相当難しい決断だったでしょうね。

たださすがに40年続いているということで、今の週間少年ジャンプの読者層とは年齢的に合わなくなってきたということもあったようです。

人気が完全に落ち目になって編集部からの打ち切りという形にならなかったのは良かったと思います。

最終回のあらすじとファンの反応は?

今回調べてみたら、こち亀の最終回に関しては以前から噂もあり、実は既に原稿も編集部に納めてあるという話までありました。

真相はどうなのかは謎ですが、実際にジャンプの最終回を楽しみに待とうと思います。

ただ秋本先生自身も会見で、「もちろんずっと描きたい気持ちはある」「ネタはまだまだある」という発言もしていますし、こち亀に関して「時々、古巣に遊びに行くくらいはいいかな」という発言もあるので、連載でなく単発読み切りでの掲載は期待ができるのではないでしょうか。

また、こち亀が終了後には次の作品の構想もあるとのことなので、新作も楽しみに待ちたいですね。

こち亀終了にファンの反応は?

こち亀が終了することに関して、ファンの反応をみてみました。

やっぱり衝撃を受けているファンが多かったですね。

気になる最終回のジャンプと同時に発売される単行本の最終巻に、最終回は入っているとのことなので、そこはひと安心ですね。

まとめ

今回は、40年の連載を続けた「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が連載終了を迎えるというニュースをうけて、その理由や最終回のあらすじ、ファンの反応を見てきましたがいかがだったでしょうか。

さすがに40年も連載が続いているだけあってそれぞれの世代にそれぞれのこち亀への思いがあることと思います。

今後も秋本先生は新作の構想もあり、単発の読みきりであれば掲載される可能性もあるのでこれからの活躍に期待して待ちたいですね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です