2018火星最接近はいつ?観測する方向と時間や周期も紹介

gahag-0028326360

2018年7月末に火星が地球に最接近することを知っていますか?

火星は周期的に地球に接近していて、最も接近した時と最も遠い時では見た目の大きさに5倍も差がでるそうです!

肉眼ではそこまで差を感じることはできませんが、天体望遠鏡で観測できる方はぜひ見てもらいたいと思います。

そこで今回は2018年の火星の地球最接近はいつ見れるのかや観測できる方向や時間、また次の最接近はいつ見れるのかの周期についても紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

火星が地球に最接近するのはいつ?

今回火星が地球に最接近するのは2018年7月31日(火)です。

でも火星が地球に接近するっていったいどういう理由からなんでしょうか?

火星と地球が接近するってどういうこと?

そもそも火星と地球が接近するというのは、ひとことで言うと火星と地球の公転の周期の違いが理由で起こります。

太陽系の中で火星は地球のひとつ外側を回っていますが、地球は365日で太陽の周りを一周し、火星は687日をかけて一周します。

この公転周期の違いによって火星が太陽の周りを一周する間に地球は約二周することとなり、火星と地球は約2年2ヶ月に一回隣り合わせになり接近することになるのです。

ただ火星の公転の軌道が楕円のために、軌道上のどこで接近するのかによって最接近する時の距離は違ってくるきて、その距離によって大接近・中接近・小接近と呼ばれています。

地球と火星との距離は大接近の時には6000万km弱まで近づき、逆に小接近の時には約1億kmも離れます。

接近する時の中でも大接近と小接近とでは約4000万kmも違いがあるんですね!

今回の2018年7月31日の最接近距離は約5800万kmということで大接近になります。


スポンサーリンク

火星最接近を観測する方向と時間は?

では今回の火星最接近を観測しようと思った場合、どの方向に何時頃にみることができるのでしょうか?

7月31日に日本では、火星は19時前に南東の空から上がり、23時30分ごろに真南にあがり、午前4時過ぎに沈みます。

21時ごろは南東の空の比較的低い場所に火星を観察することができます。

火星がよく見えるのは、大接近の7月31日だけではなく、7月から8月にかけてよく見ることができるので、大接近当日の天気が悪かったり予定があってもあきらめることなく、その前後に観察してみてくださいね。

space_bouenkyou_boy

見ることのできる時間と方角は、

■2018年7月末前後の火星を見ることのできる時間と方向

  • 20時頃:南東の低い空
  • 23時頃:南の高い空

に観測することができるので、確認してみて下さいね!

早い時間より遅い時間の方が高く見やすい位置に見ることができるので、23時過ぎに見ることができれば南の空を見上げてみることをおすすめします。

火星を見つけるポイントは、火星はかなり明るい星でオレンジ色に輝いていて、他の星のようにチカチカと瞬くことはありません。

以上のようなことを頭に入れて7月31日の夜23時過ぎに、明るいオレンジ色の星を探せば比較的ラクに見つけることができるでしょう。

先ほども説明したように日食や月食と違い、火星の最接近の観測チャンスは結構長い期間の間あり、今回の火星も9月頃まで観測を楽しむことができるので、ぜひ慌てずに天候や予定から最適な日を選んで火星を見て下さいね。

まとめ

今回は中接近となる火星の最接近ですが、かなり長い期間楽しむことができるので、ぜひ天気の良い日には南東〜南の空に明るいオレンジ色の火星を探してみてはいかがでしょうか。

火星最接近の前後はかなり明るくかがやいているので、肉眼でも十分に確認することができます!

でももし準備ができるのであれば、2018年の大接近では天体望遠鏡で楽しみたいものですね。

【関連記事】
2016スーパームーンはいつ?見頃やスマホの簡単撮影方法も
→ 2016ペルセウス座流星群の極大はいつ?見頃時間や方角も紹介

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です