今年の漢字2018発表日・時間はいつ?予想候補や歴代一覧と理由も

今年も残すところあとわずかとなり、ボーッとしていたらあっという間に終わってしまいそうな勢いですよね。

そんな慌ただしい年末の恒例行事、「今年の漢字」が発表されると毎年一年を振り返るとともにもう終わってしまうんだなあという気分を実感します。

2018年もいろいろな出来事があり、どの出来事にちなんだ漢字が選ばれるのか今から気になりますね。

そこで今回は、2018年の「今年の漢字」の発表される日や時間はいつなのかや、予想候補、また過去の歴代の選ばれた漢字の一覧とその理由について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

「今年の漢字」2018年の発表日・時間はいつ?

「今年の漢字」とは日本漢字能力検定協会が主催して、毎年その年の世相を表す漢字を一般公募し、その中から一字が選ばれます。

最近ではすっかり「今年の漢字」は年末恒例行事として定着して、テレビのニュースやワイドショーで取り上げられるのを見ると今年も終わりだなあと思ってしまいますね。

そんな今年の漢字の2018年の発表されるのはいつなのでしょうか。概要を見てみましょう。

  • 2018年「今年の漢字」
  • 【発表日・時間】2018年12月12日(水)14時より
  • 【発表場所】京都・清水寺

12月12日の14時といえば平日の午後ということで、ちょうど学校や会社に行っている時間なのでリアルタイムでテレビとかを見るというのは難しい人も多いですよね。

ネットにつなげる方はニコニコ生放送で2017年は中継されていたので、今年も中継があればリアルタイムで確認してみてくださいね。

また詳細が発表されしだい追記したいと思います。


スポンサーリンク

「今年の漢字」2018年の予想候補は?

2018年の出来事はかなり幅広くあったので振り返ってみてもなかなか予想するのは難しいですね。

思いついたものを挙げてみると、まずは「終」という字でしょうか。

2018年には安室奈美恵さんや小室哲哉さんの引退、来年の生前退位を控えて平成最後の行事が数多く行われ、また築地市場の営業も終わりを迎え豊洲市場に移転しました。

他には台風や地震などの災害が多かったとして「災」の字がありますね。

2018年は大阪での地震や夏から秋にかけての台風や水害など、日本列島が災害に襲われた年でしたね。

過去にも「災」の字は、2004年の新潟県中越地震や台風、浅間山の噴火などがあった年にも選ばれているのですが、今年の漢字は一般応募から一番多かった文字が選ばれるので、実際に「金」の字のように過去3回も選ばれた一文字もあります。

他にネット上で噂されている文字としては、公文書改ざんやデータ改ざんから「改」などがありますね。

個人的にはせっかくなら良いイメージの漢字がいいのですが、今年の出来事を振り返ってみると、あまり良いイメージの漢字は選ばれない気がします。

「今年の漢字」過去の歴代結果一覧とその理由は?

今年の漢字は1995年に始まって以来、毎年清水寺で発表が行われる年末の風物詩となっています。

20年以上に渡って続いているというのもすごいですね。

過去の「今年の漢字」のここ数年の歴代結果とその理由をまとめてみました。

  • 2017年「北」
    • 朝鮮による核実験やミサイル発射などから。
  • 2016年「金」
    • リオ・オリンピックでのメダルラッシュや、舛添要一元東京都知事のの問題での辞職などから。
  • 2015年「安」
    • 全保障関連法の成立や、とにかく明るい村のギャグ「心してください、穿いてますよ」などから。
  • 2014年「税」
    • 17年ぶりの消費増税から。
  • 2013年「輪」
    • 2020年の東京五招致決定など。
  • 2012年「金」
    • ロンドン五輪でのメダルラッシュ、環日食など。
  • 2011年「絆」
    • 東日本大震災などの自然災害で感じた家族や友人とのや、なでしこジャパンのチームのなどから。
  • 2010年「暑」
    • 夏の猛や厳しい残から。

今年の漢字に何が選ばれるのか、楽しみに待ちたいと思います。

2018年の今年の漢字は?

発表後に追記したいと思います。

まとめ

今回は2018年の「今年の漢字」の発表日・時間はいつなのかや、今年の予想候補や歴代一覧とその理由についてみてきました。

実は今年の漢字は一般公募の中から一番数が多い物が選ばれるというのは今回初めて知りました。

応募ははがきやネットで12月5日まで受付しているので、みなさんも今年にピッタリの漢字を応募してみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です